所在地 :静岡県駿東郡
 杉の素地板とガルバリウム鋼板で包まれた外観はシックである。(杉材はメンテナンスを考慮して一階のみに使用している)
 上部二層にわたるキューブ状のガルバリウムの外壁が聳える佇まいのもと、一階に下屋庇が水平に仕切り、全開放できる木製大型サッシュを介して、ウッドデッキとその先に緑の芝庭が拡がる。伸びやかで内と外のつながりが豊かである。
 内部は版築(はんちく)と竹小舞の土かべを背負った、暖炉のある吹き抜けの居間とダイニングを核として部屋がつながり、台所を中心にしてバックヤードやパントリーのサービス動線が縦横に走り、カウンター越しに部屋のつながりが一望でき、人の動きや気配をつかめる空間配置は巧みである。
 冬場、居間の土かべは真南の日射を受け蓄熱し、暖炉の熱とともに快適な暖かさを生み、反面、夏場は高い日射ラインを外部二段の小庇とシェードで撥ね、年間を通じ吹き抜け上部のシーリング・ファンの上昇と下降気流の制御、排気ファンの助けを借りて省エネに貢献している。インテリアの雰囲気としては伝統的な素材を使い、奇を衒わない落ち着いた感じがいい。オーソドックスで使い易い住まいである。
 土と人の“ぬくもり”が吹き抜けを介して縦横に‘たゆたう’住まいである。
(増澤 信一郎)
主要用途 専用住宅
構  造
木造在来工法
階  数 地上2階
敷地面積
473.1 u
建築面積
128.2 u
延床面積
175.67 u
設計者  ツクリト建築設計事務所
 燗c 昌彦
施工者  株式会社 富創 
 代表取締役 渡邊 昌志

一つ前へ戻る