名古屋インターシティ
所在地 :名古屋市中区錦1-11-11
名古屋インターシティ
 名古屋の都心、伏見の錦通と伏見通の北西角に完成したオフィス建築である。名古屋興銀ビルの建て替えであり、国土交通省の「民間都市再生整備事業計画」認定を受けたプロジェクトである。総合設計制度の適用により200%の容積割り増しを受け、敷地境界からセットバックをして計画されている。
 まず印象的なのは、白いプレキャストコンクリートパネルとガラス面による揺らぎの表現がされた外観である。ランダムな構成に見えるが、実際には幅1400mmと900mmのパネル各8枚と幅2300mmと1800mmのガラスのダブルスキンユニット各8枚で水平方向2スパン、垂直方向4層分の基本パターンを構成し、その繰り返しで全体の立面を作り上げている。オフィス空間側ではダブルスキン部の内側サッシが開閉でき、中間期や夜間は自然通気が可能であり、ダブルスキン内の清掃も容易にしている。
 建物足下の1階部分にはギャラリー、地下1階には飲食店が入り、サンクンガーデンとして空間的に一体化されている。また、サンクンガーデンと地下鉄駅が機能的だけでなく空間的にもスムーズかつゆったりと接続されている。発達した地下街と地上の接続という点で、名古屋都心での見本といえる事例になるだろう。
 また街路から見上げると、最上階に高木が見える。夜間にはライトアップされ、高木が浮かび上がる姿は街路景観のアクセントになっている。
 近年、伏見通の錦通から桜通までの区間の建て替えが進んでいる。その中で立地と規模の点から、この建築が生み出す都市景観や公共空間への寄与は大きい。近景としての地上部の空間やデザイン、遠景としての外観デザインは一定の成功を収めていると思われ、それが今後周辺にどう波及していくのか、楽しみにしたい。
(小松 尚)
主要用途 事務所・店舗・駐車場
構  造
鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造 鉄筋コンクリート造
階  数 地下3階 地上19階 塔屋1階
敷地面積
3,328.65 u
建築面積
2,042.05 u
延床面積
36,851.75 u
開発業務
受託者
興和不動産株式会社
  永井 俊彦
設計者 株式会社日本設計 
  篠ア 淳
施工者 株式会社大林組名古屋支店
  宮崎 正

一つ前へ戻る