ミッドランド スクエア

所在地 : 愛知県

都市郊外の既存家屋がある一角に、田んぼに面した敷地にこの住宅は建てられている。ファサードの四周が白く縁取られ、浮かぶように敷地に置かれ、室内空間が奥行きを持って見える様は、モダンな舞台装置を思い浮かばせる。木製の化粧壁は広い開口に対して安心感と安定性を醸造している。縁側は内外を結び、時として拒絶する内外の緩衝地であり中間領域でもある。この住宅の大きな特色は南の田んぼに面した幅のある、この機能を発揮する縁側である。この縁側は、障子で区切られる内側の広縁に当たる部分と屋根はかかるがぬれ縁に当たる部分から構成される。リビングとキッチン畳の間がこれらの開放的な縁との連結部分として計画されている。子どもの遊び場と外の自然との関係、光の変化をコントロールして生活を楽しむ場としては成功しているが、縁の高さが交通を容易にしない点が気にかかる。寝室と浴室は別棟的に母屋北側にあるが、縁へのつながりとしてのデザインの工夫がほしかった。この敷地にして、縁の機能をコンセプトにし、思い切ったデザインとして住宅にまとめあげた試みは評価されるものであろう。

堀越 哲美
主要用途 専用住宅
構  造
鉄骨造
階  数 地上 1階
敷地面積
611.43u
建築面積
168.90u
延床面積
145.76u
建築主
設計者 萬田浩太郎+WORK・CLUB
施工者 森宮建設株式会社

一つ前へ戻る