ITO HOUSE
 所在地 三重県四日市市
ITO HOUSE
 この住宅は、四日市の郊外にあり、西側は交通量の非常に多い道路に面しており、南北に細長い敷地に建っています。若夫婦とお子さんの3人家族のための住まいで、平屋でありながら、充分なスペースが確保されています。
 外周は防音とセキュリティーの為閉ざされていますが、中に入ると3つのコートが効果的に配置され、明るくて、風通しのよい気持ちのいい空間になっています。
 平面構成は3M×3Mグリィドとなっており、構造は木造ラーメンです。柱間の建具を開閉することにより、閉じた空間にしたり、連続した空間としたりすることが簡単にでき、空間の多様性に富んでいる。3M×3Mのグリィドはプラン上はややもすると窮屈な感じもするが、コートの床が室内と同じ木材で作られていることもあり広がりが感じられます。
 中央のコートにはデッキをくり貫いて、植栽がほどこされており、家のなかにいながらにして四季を感ずることができます。また梁の上部に集成材の母屋を通し、屋根との間にガラスをいれ屋根を浮かしているので軽快なデザインになっているのみならず、それによって室内も非常に明るくなっています。外構、特にアプローチにもう少し雰囲気があれば尚よかったと思います。
(本田伸太郎)
主要用途 専用住宅
構  造
木造
階  数 地上1階
敷地面積
308.42u
建築面積
128.74u
延床面積
118.68u
建築主 伊藤 力
設計者 国立大学法人 高岡短期大学
教授 貴志 雅樹
株式会社 貴志 雅樹環境企画室
施工者 株式会社 村上工建

一つ前へ戻る