北側を3層、南側を1層とした2棟の箱形のこの住宅は、上層を玄関、中層を高い天井のある居間・食堂と台所、地面に接する下層を寝室・大きな納戸・浴室等としている。
 外部はコンクリート打ち放し、内部の壁・天井もコンクリート打ち放しとしている。内部でこの素材に加えられたのは、ナラフローリング張りの床と北海道産のホワイトオーク材で造られた家具や建具の「木」であり、内外ともコンクリート打ち放しとする空間の構成に際し、特注パネルの長手を階高として全体を低く押さえている点がすっきりとした印象を与えている。
 北側の壁沿いに設けられた緩い階段上部より、スリット状のトップライトからの光が落ちる。南は大きな開口部を取って深い庇を出し、その外は1階の屋根を利用した芝生のテラスとなる。これらの構成によって、壁の存在感が光の演出によって強調されている。考え抜かれたコンクリートのパネル割、居間を中心とした空間構成、コンコリートと木との調和などが見事に表現されている住宅である。
( 高 嶋  猛 )
一つ前へ戻る