雑木林に潜み棲息する家

所在地 :愛知県瀬戸市
 都市の近郊にある小さな団地の西の端で、団地とは市街化調整区域の柿林と小さな畑を挟んだ位置である。緩やかに傾斜したクヌギ林の中。静かで、鳥の鳴き声が鮮やかな自然に恵まれた位置。この住宅は、雑木林の中に樹木を切ること少なくして実現している。
 北東側に、樹間をくぐるステンレスの橋架かり。これが細い路地となり住宅へとつながる。一階は、中庭が大きなエントランス空間になり建物の中へと通じる。中庭は上部が鉄のグレーチングで覆われ光が透過してくる。突き当たりに、上部が開放され打ち放しの壁に囲まれた小さな坪庭がある。そこへ、木の幹を伝わるように日差しが入り込んでいる。印象的である。一階は主に寝室であり、雑木林の間から周囲の風景を樹間に感じる空間である。
 2階部分は家族が団欒する空間である。居間の大きな横長の窓より、林に囲まれた畑が見下ろされる。両側を居間に挟まれた中庭には屋外テーブルが置かれ、第3の居間になっている。中庭側に傾斜している屋根は軒先が低めに指定され、空への広がりが強く意識される。左右に出された庇は手が届くほどの高さであり、簡単によしずやテントが張れる。部屋のスケールも含め、全体的に肩の凝らない落ち着いた普段着の大きさである。
 中庭を介して左右の建物を結合する構成は、外部と内部の空間の間にもう一つの空間を生成している。グレーチングで2層になった中庭は、床なのか日よけなのか、外なのか内なのか、その常識が通じないユニークな空間となっている。自然と人工、植物と人間のあり方の一つの提案である。  
(松本直司)
構  造
鉄筋コンクリート造
一部木造
階  数 地上2階
延面積 
193.80u
設計者  今井裕夫+(有)es設計所  
施工者  信和建設株式会社
 代表取締役 清水甲作
一つ前へ戻る